閲覧注意怖い話

肝試し、心霊現象など僕や友達が実際に体験した怖い話を書きます。

学生時代に地方に住んでいたのですが、学生なのでお金が無い事もあり、6畳一間のアパートで生活をしていました。
昼間は学校で勉強をして夜は居酒屋でバイトをしている、普通の学生だったのですが、帰って来ては寝ると言う生活です。
続きを読む

中学生の時、実家の自分の部屋で寝ているところ目がパチっと開きました。
初めは夢の中にいるような感覚で、あたりを見渡します。
だんだんと、目が覚めているということに気づき意識もハッキリとしてきました。
冬で寒かったので、羽毛ぶとんをかけていましたので寒いはずなのですが、真夏のような汗をかいていることに気づき汗を拭こうと動こうとしましたが、なんと体が動きません。
初めての金縛りです。さすがに経験がないので、必死に動こうと頑張りましたが、指先から足の先まで全く動きませんでした。
続きを読む

今から2年半前の話です。友人のCさんは私の高校と職場の先輩です。30年以上を付き合いです。


Cさんはご主人を亡くして13日目に脳出血で倒れ救急搬送されました。娘の高校の理事会に出かける時、某大学病院の救命救急の方から電話があり「Cさんが救急搬送されて貴女を呼んでいるので来てください。


命に別状はないのですが症状は電話ではお伝えできません」と連絡が入ってきたのです。

続きを読む

私の祖父が亡くなった時の体験談です。

約5年前のお盆、私が28歳の時、母方の祖父が亡くなりました。享年83歳でしたので祖父は往生出来たのだと、家族の間で悲しいけれども納得した亡くなり方でした。
その時私は人生で初めて斎場という場所に行きました。
続きを読む

私がまだ幼稚園に通っていた頃の事です。
その頃、叔母が家の近くに住んでいて、叔母が大好きだった私は、母に連れられて叔母の住むアパートを訪れるのが楽しみでした。
叔母は独り暮らしではありませんでした。
男の子と一緒に暮らしていました。続きを読む

これは、私が大学に入学してすぐのころに体験した話です。

私は大学の後期日程の試験に合格して大学に入学したので、住む場所を決めるのが大変でした。
大学近くのいい物件はほとんど埋まっていて、ほとんど家賃の高い物件しか残っていなかったのです。

ですが、不動産会社に相談すると一つだけ、家賃がやけに安いアパートの部屋が見つかり、私はすぐにそのアパートに住むことに決めました。続きを読む

これは私が小学生のころの話です。
私が通っていた小学校の裏手には雑木林が広がっていました。
『危ないので近づかないように』と先生たちからは言われていたのですが、放課後になるとよく友達と一緒にいろんな遊びをしていました。続きを読む

もともと私は、生まれた時から霊感は全くありませんでした。というか、今でもありません。普段霊やお化けの類のものに遭遇することは、まず無いのです。
しかし、そんな私ですが、心霊体験をしたことがこれまでの人生の中で二度ほどあります。続きを読む

私は幼いころから心霊体験のような経験が何度かあります。
頭に突然映像が浮かび、俗に言う「見える」状態でだった事がありました。幼いころはそれは自分の想像力や妄想に過ぎず、絵本やテレビの見すぎだと思っていました。
しかし、大人になってからもそれは無くなることはなく、頭に突然映像が浮かぶ事がありました。続きを読む

このページのトップヘ