閲覧注意怖い話

肝試し、心霊現象など僕や友達が実際に体験した怖い話を書きます。

私が金縛りにあうようになったのは高校生の時からでした。はじめて遭遇してから回数を重ねるごとに金縛り中の体験はさまざまなものになり、最近ではすっかり怖さもなくなってしまいました。そしてどうせならメッセージ性を探してみようと思いつき、金縛り体験を楽しみにするようになったのです。続きを読む

私が、結婚当初に暮らしていた、マンションの隣の家はいつでも空き家でした。
場所がいいので人は入るのですが、何故かみんな、半年もせずに出ていってしまうのです。
家自体も、古い家ですが、広さもあり、大きな駐車スペースもあります。

私達夫婦が入居した部屋は、その空き家の窓と、うちの窓が隣接するくらい近い位置にありました。
入居して暫くすると、空き家のはずの隣の家から、物音や、人が歩く音や、壁を叩く音、ある時は男性(そう聞こえた)の話し声が聞こえる事に気がつきました。続きを読む

これは私が大学時代にお世話になっていた、ある男性の先輩の話です。
その先輩は中学、高校と生徒会に所属する真面目で勉強もできる、いわゆる「頼りになるお兄ちゃん」的存在の方でした。
私は彼と幼馴染というわけではないですが地元が同じで、同じ大学に通うよしみでとても可愛がってもらいました。続きを読む

今から書くのは、私が高校二年生の夏に体験したゾッとした恐怖体験です。
 当時、交際していた同い年の彼女とデートをしていた時です。珍しく普段は通らない道を通り、子供達が賑わう少し大きな公園でお喋りをしていた時のことです。
続きを読む

今から20年前、私がまだ高校生の頃、父の赴任先に泊まりに行ったときのことです。単身赴任者は職員官舎に住むことになっていて、そこは田舎だったため建物自体が古く、引っ越しの手伝いに行ったときも畳がぶわっとじめじめして浮いている感じがして、なんか気味の悪い部屋でした。さすがの父親もこの湿気の強い部屋に嫌な感じを覚えたようですが、「1年間のことだしいいか。」と軽い気持ちでいました。

続きを読む

20年前、私が大学生のころの話です。
冬の夜、友達グループで遅くまで盛り上がり、ノリで肝試しに行くことになりました。場所はいわく付きの観光施設跡地。昭和40年代に出来、当時はかなり集客もあったのですが 山間部でしかも奥地というへんぴな場所に造られたため人気もすぐ下火になり、潰れたということでした。いつからか霊が出るとか道中の橋で振り返ると祟られるとか、噂があとを立たない心霊スポットとなっていました。
続きを読む

ずっと、夢の中の出来事だと思いながら、気づけば高校生になっていました。
それまでにも不思議だな、と思う出来事はいくつかあったのですが、とても気にするものと気にしないものとありました。続きを読む

私が大阪の淀川沿いのある工場地帯で働いていた頃の話です。その会社が増改築をするということでJRの線路側に仮の倉庫を建てました。仮の倉庫だったので地鎮祭も何もしなかったのですが、その倉庫を建てた場所が問題の場所でした。


その頃、私はその会社に勤務して1年目。その場所が、いわくつきの場所だなんて思ってもみませんでしたし、誰もそのことには触れませんでした。

続きを読む

今からやく10年ほど前、まだ新婚だった時の話です。
ある時、夫とどこか遠出をしよう、という話になりました。
ドライブが好きな私は、喜んでオーケーしました。
隣りの熊本県までドライブする事にしました。
地図を広げて、楽しい計画を練りました。
続きを読む

これは、2015年に最初に見た怖い初夢の話です。
夢のなかで、私は大学生の頃くらいの姿をしていました。
電車に乗っていると、窓の外から何かが見ているような気がしてその窓をのぞきますが、窓のそとは暗く、夜の街が流れているだけですし、他の乗客たちもこちらを見てはいません。
おかしいな、と思っているとみるみる気分が悪くなり、ふっと頭の中にピンク色をしたタツノオトシゴのイメージが湧きました。
続きを読む

このページのトップヘ