心霊体験をしたのは、数年の祖父のお葬式のときです。とても奇妙な体験を2つしました。

まずは、地元から祖父が住んでいたところへ向かう最中、駅のホームの階段を降りているときに誰かに突然私の背中を押したかのように、私は階段から落ちそうになったことです。何かにつまづいた覚えもないし、後ろをすぐ振り向きましたが誰もいませんでした。一緒にいた姉もそんな私を見てとてもびっくりしていました。そのときはまだ心霊体験と言うことだと思ってもいませんでした。だが、後から思えばこれも一種の心霊体験なのかな?って思いました。階段から落ちそうになったとき、怪我も何もしなく良かったです。
もう一つは、祖父のお葬式が終わり、正座で座って待っていたときです。突然左の耳がピーっと耳鳴りになり、一瞬だけ身体がゾワッと感じ、左耳の耳 鳴りが止まった途端、右の耳から【ボソボソ】っと何を言ってるのか全く聞き取れないぐらいの囁く声が聞こえました。その声は男性ではなく女性の声でした。 私の両サイドに座っていた姉2人に、「今、何か聞こえなかった?私に何か喋りかけなかった?」と、2人の姉に聞きましたが、何も聞こえていなく何も私に話 しかけていないと言われました。私の後ろは壁でしたので、勿論誰も座れませんし、誰もいませんでした。そのときは本当に気分が悪くなりました。

身内にこの話をしましたが、「気にするな」と言われました。最近良くない事が立て続けに起きていたので一回、お祓いに行こうか考えたこともありましたが結局は行かずに今までと変わりない生活を送っていました。
ちょっと経ってから、その心霊体験のようなものを友人や知人に一種のネタとして話したりもしました。
そ のときに、「そのとき大分気持ちや身体が疲れていたんじゃない?そぉいうときって何故か幽霊が見えたり、金縛りにあったり、貴女のような体験をするんだと 思うの。そんな体験をしない為にはやっぱり心も身体も健康でいること。あとはそんな体験をしても気にしないことかな」っと、的確なアドバイスを頂きまし た。

確かに仕事やプライベートの多忙な生活と祖父が亡くなった前の月に父方の祖父が亡くなり、バタバタしていました。そして長く交際していた恋人 との別れ。心身ともに、私にとって大ダメージでした。気持ちが病んでるときも、金縛りにあった経験も何度かありますがそれも似たようなものでした。
最初は気にしてしまいますが、やっぱり気にし過ぎちゃダメだと思いました。