閲覧注意怖い話

肝試し、心霊現象など僕や友達が実際に体験した怖い話を書きます。

カテゴリ: 怖い話

私が大阪の淀川沿いのある工場地帯で働いていた頃の話です。その会社が増改築をするということでJRの線路側に仮の倉庫を建てました。仮の倉庫だったので地鎮祭も何もしなかったのですが、その倉庫を建てた場所が問題の場所でした。


その頃、私はその会社に勤務して1年目。その場所が、いわくつきの場所だなんて思ってもみませんでしたし、誰もそのことには触れませんでした。

続きを読む

これは、2015年に最初に見た怖い初夢の話です。
夢のなかで、私は大学生の頃くらいの姿をしていました。
電車に乗っていると、窓の外から何かが見ているような気がしてその窓をのぞきますが、窓のそとは暗く、夜の街が流れているだけですし、他の乗客たちもこちらを見てはいません。
おかしいな、と思っているとみるみる気分が悪くなり、ふっと頭の中にピンク色をしたタツノオトシゴのイメージが湧きました。
続きを読む

小学生の当時住んでいた所が団地街で、通りを面して8棟の団地があり、とある日にその1棟の一室に4人家族が引っ越して来ました。神主である父と、専業主婦の母、2人の男の子。
私は年子の兄がおり、男の子も年子で丁度、兄と私の同級生になりました。
引っ越して来てから3カ月過ぎた頃に兄の同級生だった男の子が交通事故死してしまい、その時はみんな気の毒にね。と言う感じでさほど気にはとめてなかったのですが、それから2か月後に次男である私の同級生も交通事故死してしまいまして、立て続けに男の子2人が交通事故死。続きを読む

あれは私が中学二年生の頃の話です。夏休みに教師と生徒とその保護者の交流を図るPTCという学校行事があって、住んでいる場所から比較的近くにあるキャンプ場でキャンプをした時に心霊体験をしました。

ゲームをしたり、みんなで夕飯を作ったり楽しい時間を過ごしていたのですが、夜になって肝試しを兼ねたオリエンテーリングをしようという話になりました。

田舎の山にある小さなキャンプ場だったので先生や親達も危ないことは起きないだろうということで許可が下り、くじ引きで決めた2、3人のグループで散歩コースを順番に歩いていると「キャー!」という女の子達の声がしました。
続きを読む

30年程前の、私が小学生だった頃の話です。

当時鳥取に住んでいた私は、家族旅行の帰りか、祖父母の家からの帰りか忘れましたが、家族でバイパスみたいなところを車で通っていました。

夕方で少し薄暗くなってきた頃に、岡山県のとあるところで、父が突然言いました。


「ここらへんは腹切り峠って呼ばれてるらしいぞ。昔この辺にある腹切り岩という岩の上で武士が切腹していて、この辺りを腹切り峠って呼ぶようになったんだって。」
続きを読む

亡くなった祖母が30代の頃に体験したというお話しです。
ある夏の日のことです。
家で家事をしていた祖母は、洗い終わった洗濯物をかごに抱えて物干し台に上がりました。
よく晴れた夏の日の午前中でした。突き刺さるような眩しい日差しがこれから昼にかけて、どんどん気温が上がっていく事を予感させます。
続きを読む

もともとスピリチュアルなものが好きではありましたし、心霊現象など幽霊の存在は信じていました。
しかし見えたり感じたりすることはいままで経験がありませんでした。

昨年の冬に、突然田舎に住む母親から電話がかかってきました。
「お父さんが危篤だから帰ってきなさい。」と。
急いで帰省する用意をしていると、グローブホルダーというバックに付けて手袋をホールドするアクセサリーがあるのだが、金具でできているはずなのに、ポキッと折れてバックから外れていいました。
これはいわゆる「虫の知らせ」というやつかなと思いました。
続きを読む

 私は小学生から剣道をしていました。
進学しても社会人になって現在でもしています。
丁度社会人になって1年経った頃です。
就職し仕事にも慣れ、剣道にも力を入れて生き生きと過ごしていました。
そんな中、剣道の師匠から、「剣道ばかりでなく様々な事にも挑戦しなくてはいけない。
君は見込みもあるので私の知りあいが合気道をやっているのでできる限り並行でやっていくと君の人生が有意義になる。」と言われました。


続きを読む

これからお話することはかれこれ二十年前の話になります。
私自身の話だけではありません。他の6人の男性も経験した怖い話であり不思議な
話でもあります。私は高校を卒業しまして、ある宝飾会社に就職いたしまして
その会社の一年目は研修がありました。宝飾会社ですから真珠を取り扱うため
地方の養殖場研修というものがありました。その研修の時に他6人の同期生がいました。
続きを読む

自分が高校生くらいの時に熱中していたのが古い音楽です。特にヨーロッパの古いフォーク・ソングが好きだった私は、家の中では常にそういった音楽を聴いていました。また、音楽を聴くのは主に暗くなってからでした。だからこそ、霊のような不気味な存在も集まりやすかったのだと思います。若い頃に体験したいくつかの心霊現象は今でも恐ろしいと思います。続きを読む

このページのトップヘ